FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープ愛

朝から涙が出てしまいました。

黒田さんがカープに帰ってこられると!

我らがカープは毎年お約束のように黒田さんと交渉していたんですよね。
交渉というよりは一方的なラブコールに見えていました。
今年もか~(笑)と、毎年ほほえましく見ていたファンも多かったのでは?

私もその一人です。

・・・ただのほほえましいイベントではなかったのですね。

まさかまさか、メジャーで十分需要のあるうちに帰ってきてくださるとは思っておりませんでした。
メジャー移籍された頃の「帰るならカープ」という言葉・・・たとえリップサービスだとしても嬉しいと思っていました。
本当に帰ってこられるとは!!

メジャーが提示している年俸の1/5の年俸ですが、それでもカープに戻る方を選んでくれた事、黒田さんのカープ愛にただただ感謝です。


カープって昔からそうなんですよ。

泥臭くって、情に厚い。
地道。
じっくり育てる。
お金でものを言わすことはない。(余り裕福でないとも言う)
チャラチャラしない。
・・でもちょっぴりダサい。(それがいい。)

愚直ともいえる実直さ。

これがなぜか外国人選手にも当てはまるから面白いです。

あー、本当に嬉しいです。

なんだか新井さんの事も帳消しになりそうな勢いで盛り上がってきました。
来年が本当に楽しみです!
スポンサーサイト

お礼

こんにちは。

扱っている商品の性質から、弊社ホームページの製品欄やサイズなどが変更になることは滅多になく、ずっと動きがないため、「おーい。生きてるかー?」的なホームページになっておりました。
そこで、こちらどもの活動の証を記すために、ホームページにブログを併設したのが、このブログの始まりでした。

シャックルに関する事だけではなく、福山、鞆の浦に関する事も発信して、弊社が元気に活動し、仕事をしていることをお伝えできたら・・・という趣旨のブログです。

メールによる商品のお問い合わせがメインですので、コメント欄は最初から閉じてのスタートでした。

ですので、拍手ボタンからのコメントを頂いた場合、お返事する手段がありません。
大変申し訳ございません。

でも、応援メッセージを頂けるのは本当に嬉しいです♪
本当にありがとうございます!
励みにして、これからもゆっくりと更新してまいります。

まとめてのお礼となりますこと、どうぞお許しくださいませ。
これからもどうぞよろしくお願いします。

ドラマの舞台2

こんにちは。
今までこんなことはなかったのですが・・・。
2日連続で記事をあげています。

どうしちゃったんでしょう。ワタクシ。
もしかして、夢を売る職業と言われる俳優さんと時を共にして(時間だけです)、完全に夢の買い手になってしまったのでしょうか。
昨夜よりもさらにエキストラ体験の余韻に浸っております。

朝、子供たちも疲れからかボーっとしておりましたが、元気に登校しました。
「あー昨日は楽しかったねぇ」と言うと、
「えっ。お母さん一番乗り気じゃなかったし、帰りは疲れたって言いよったじゃん。」と言われてしまいました。

ええ、ええ。そうですよ。昨日まではね。
でも、朝起きたら肩こりは治ってるし、もう楽しい思い出しか残ってないです。

香川さんのファンの方からブログメッセージを頂きましたので、嬉しくなって、もう少し書いてみますね。ありがとうございます。

香川照之さんが温かい方で感動したこと、昨夜の記事で読んでいただけたと思います。
香川さんとエキストラのやり取り、細かい言葉遣いは多少違いますが、こんなことやあんなことがありました。



ドラマの撮影は専門用語が飛び交います。
スタッフさんからの指示はメガホンやマイクですし、正直、うまく伝わってこないことが多かったのです。
何度かリハーサル、その後ジシュレンシュウとかなんとかいう本番に近い練習も数回。
合間に何回かは保護者には聞こえない指示が子供たちにされながら(これが聞こえれば大人も次どうすれば良いかよくわかる)、「はい、回しまーす」「回しましたー」「スタート!」。
本番が数回。
映像の確認。
あれよあれよと進んでいくのですが、どの程度の応援が適しているのか。
応援いつまで続けるの?運動会って拍手だけってありえないけど声出していいの?
マゴマゴしている間に、
「子供たちが走った後、保護者の方々死んでますよ!」と言われる始末。

そこで我らが香川照之さんの登場です。保護者席に近寄られ、
「カメラを通すと、7割くらいの演技にしかならないから、次はさっきの応援より3割増しね!もうしっかりそれくらい頑張ってる人は5割増しね。・・・僕はいつもの2.3倍で頑張るから!」
思わず会場から笑顔と拍手。



朝、全員が座れるように、ブルーシートは前から詰めて座るように指示がありました。
ところが撮影途中、マイクで「前に詰めすぎでーす。まんべんなく広がってくださーい。」とのこと。
後ろから順に下がるけれど、レジャーシートや荷物をずらしたり・・・マゴマゴしていると・・・

またまた我らが香川さん登場!
「はい!あのクレーン見えますか?あそこから撮るんです。ぎゅっと詰まっていると遠くから映すと2~3人にしか見えないんです。うまく広がってもらえるとちゃんと相応の人数に映るんですよ。」
そうしたら、ブルーシートの保護者は広がるどころか香川さんに握手を求めて駆け寄る!
まわりは大笑いです。
香川さん、握手をしながら「終わったら広がってくださいね~」って。優しい。
次のブルーシートでも同様に、広がるどころか集まる集まる!
香川さん、こうなることを予想しながら、エキストラを飽きさせないのですね。



またまたスタッフさんに「そこで死んじゃうんですよ~(呆)!」と保護者が言われたとき。
(だってだって、主役の子の組がゴールした後は、本来の運動会なら次が順番に走ってくるのに、撮影では想像しながら応援しなくてはいけないのです。とても難しいのです。なのに「死んでる」だなんて。ひどいわ。)

・・・そうするとやっぱりやっぱり香川さん登場!!
「そちらのお母さんたち2回目のお子さんが(走ってこないけど)わが子だと思って応援してね。そこのお母さんはその次の子のゴールで大喜びね。」というように具体的に演技しながら教えてくださいます。そこでエキストラはやっと本来の運動会の様子を思い出せるのです。そうだった・・・!と。
ようやくスタッフさんが2走目と3走目をイメージした動きをしてくれ、エキストラはそれを見ながらワッと喜んだり悔しがったりできるのでした。


次はお孫さんを応援している設定のご婦人に、
「お孫さん負けて悔しいって感じでお願いしますね。」と香川さん。
そうしたらそのご婦人、
「孫はいつもは一番なんです。」・・かわいい。

香川さん、
「あー、それでいいんですよ。『いつもは一番なのにぃ!んもうっ、悔しいわ。きーっ。』っていう感じでね。」
ここは身もだえまでしながら・・ほぼ芸人さんみたいでした。
『死んでる』呼ばわりされているエキストラも、なんだか楽しくなってやる気が出てきますよ。


あるブルーシートで握手に応じていた香川さん。
ロープを張る鉄の杭も握ってしまって、
「手かと思った!」って笑わせてらっしゃいました。
鉄の杭は「異形鉄筋」とかいわれる、デコボコした丸鋼材の頭が丸く輪になったものです。(少しは鉄工所らしい説明もしておくとして・・・。)
それくらい香川さんの手も含めてみんなの手が冷たかったということでしょう。

そうそう。
肝心の香川さんの演技ですが、それはもうすごい迫力でした。
子供の用事で香川さんの向かい側の運動場の端を通りかかり、その演技を見たとき、声のボリュームとお芝居の気迫に見とれてしまいました。
劇場ホールじゃないのに声が通る。
役の忠さんになっている。
そして、たったの一回でOKが出て・・・。皆うっとり。


こんな感じで(多分、・・・絶対香川さんのおかげで)撮影が楽しく進められたのでした。
2日間、お目汚し失礼しました。

ドラマの舞台

鞆の浦はこれまでもたびたびドラマや映画の舞台となってきました。
この冬は「流星ワゴン」の撮影が行われました。

少し前に市内の小学校経由でエキストラの要請があり、本日行ってまいりました。

学校からお手紙をもらった時、どうしても申し込みをしたいとせがむ子供たち。
いろいろな楽しい事を想像していたみたいなので、何度も言い聞かせて(何時間も同じシーンを撮るよ。オンエアには映ってないよ。そのシーンは数秒かもよ。・・・)の参加となりました。

「わかっとる!」と元気に言っていた子供たちも、あまりの寒さに最後には泣き言を言っていましたが、約5時間が終わった後はとても良い経験になったようです。

時代は30年前の秋。
小学校の運動会のシーンです。
冬空の下、子供たちは半袖半ズボンの体操服。(女の子は懐かしのブルマ!)
一つのシーンをいろいろな角度から、何度も撮影します。

主役の子役君(30年前の主人公)の近くに立つエキストラは、なんと運動靴で選ばれます。
朝、あらかじめ体育館で学年ごとに並び、自分たちの靴を掲げておいて、スタッフの方に「はい、君。ハイ、あなた。」と選ばれるのです。どうも古っぽいのが良いみたい。

我が子(男子)も、使用感ありありのセピア色の紐靴がスタッフのお眼鏡に適ったらしく、子役君の後ろのほうに立つ(だけの)役に。

これはこれでまた辛そうです。
徒競走は主人公の組だけ走ります。
その後ろのほうの子達は、順番待ちの役のまま一度も走ることなくずっと立っているので、遠目でも体が凍ってる!
顔色は完全に冬色でした。

保護者席も、本番は防寒着を脱ぎます。
設定時期が秋ですし、現代的なフリースやダウンは映っては駄目だそうです。
それが寒いのなんの。
今夜さっそく肩こりが始まっています。

今日の寒さに耐えられた理由は、ずばり香川照之さん。
寒くて心が折れそうな時、保護者席を回って、面白く励ましてくださいます。
保護者への演技指導も香川さん自らしてくださいます。
これがまた面白い。お母ちゃん役、おばあちゃん役をチラっと、でも全力で演じて教えてくださる。
ただの応援風景も奥の深いことがわかります。
スタッフさんよりもよっぽどエキストラのお世話をしてくださったような・・・。
俳優さんは暖かいテントに入るというイメージでしたが、ずっと運動場で小学生や、保護者席を回られてました。
小学生がじゃれついてましたよ。うちの子たちも握手をしてもらったとか。うらやまし。

「香川さんじゃなかったら(寒すぎて)とっくに帰ってたわぁ」という声もチラホラ・・・。

本当に温かい方。気配りが有難かったです。

今日の撮影ですっかり香川照之さんのファンになってしまいました!
これからも応援したいです。

ドラマ作りの大変さも学び、どんな風に仕上がっているのかオンエアが楽しみなところですが、
昔原作を読んだことのある私が少し気になることが・・・。
・・・主人公(大人)の妻の浮気現場の描写が原作では少々過激だった覚えが。
ドラマオンエアは1月です。
子供たちも一緒に見れるのかしら・・・。

ふたご座流星群

こんにちは。
昨日12/14の21時ごろ、ふたご座流星群がきれいに見れるということで、家族で夜空を見上げてみました。
家の周りは街灯が明るく、鞆鉄鋼団地まで車を走らせてみました。
鉄鋼団地も、自販機の明かりが目立ちましたが、視界に入らないように工夫すると、キーンと冷えた冬の空に満点の星空が!

上を見上げてぼんやり全体を見ていると、5分くらいで3つの流れ星を見ることができます。

でも、流れたら「あ!」、そこを見ているとあっちで「あ!」と、確かに流れ星を見ているのに追っかけ状態。

ぼんやりじゃなくて自分の目線の先にガッチリ見たい、という全員の願いを叶えるため、30分くらい観察したでしょうか。

小さな流れ星や光が強く長い流れ星を堪能することができました。


私がしたお願いは
「大きい流れ星来い来い」でした。


見られた方、いらっしゃいますか?
どんな願い事をされたのでしょうか。

ふいごさん

この土日、鞆では「ふいご祭り」がありました。
「ふいご」は火をおこしたり火力を強めるときに空気を送るもので、鍛冶屋さんの象徴的な道具ですね。
「鉄鋼祭」とも言われています。

土曜日の昼間は、神主さんが各工場を回ってくださり、安全と繁栄を祈願します。

夜は、鞆にある「小烏神社(こがらすじんじゃ)」で夜店がでたり、くじ引きがあったりします。
こちらは狛犬が出迎える細く長い参道の奥にあるかわいらしい神社です。
数年前に行った時は、この参道の両脇に夜店のオレンジ色の光が並び、
それはまるで「ちびまるこちゃん」で出る縁日のようで、不思議な懐かしさがありました。

このお祭りはいつもとても寒く、今年も数日前からの寒波でこの祭りを一層それらしくしてくれました。

寒くなるとこの辺での挨拶は
「やっぱりふいごさんじゃなぁ~」。

あちこちで聞かれる、鞆ならではの季節の挨拶となっています。
プロフィール

(有)大和鉄工所 スタッフY

Author:(有)大和鉄工所 スタッフY
まだまだ少しずつ勉強中のYがご案内します。

広島県福山市鞆町後地26-44
(084)983-5117
メール:info@daiwa-iron-works.jp
H P:http://daiwa-iron-works.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。