FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

許容差

こんにちは。
すっかり春ですね。

今日は、図面の「許容差」について少しお話します。

許容差とは、シャックル作りが手仕事のために出る、個々の寸法差の許容範囲の事です。

JIS製品にはJISで定められた許容差があり、その数値に則って製作しています。

例えば「15±1」は、15mmの幅に前後1mmの差までなら発生してもOK、という意味です。
大きな製品になればなる程、許容差も大きくなります。
「+5%」など、パーセンテージの表示もあります。


では、許容差を入れずに「15」ならば、きっかり15mmの、少しの差も認められない表示になるのかと言えば、それは逆で、許容差を入れない図面は、ざっくりした(精度の低い)感じの図面になります。

「15±0」となれば、15mmしか許されないという意味になります。
(実際、シャックルでは±0はありえないですし、そこまでの精度を求められる部品ではないのです。)


余談ですが。
春になると、小学生が集団登校のための集合時間を決めます。
大体「7時45分」や「7時50分」で決めて帰るのですが、
ある年、「7時43分」で決めて帰った事がありました。

「7時45分」はだいたい45分くらいに集合というイメージですが、
「7時43分」ですと、42分も44分も絶対に許されない!!という厳しいイメージにガラリと変わりませんか?

後で聞くと、他の班でも「7時45分50秒」と決めた班があったとか。・・・細かすぎる。
(きっと朝ドラを見終わってから集合しているに違いない)

                    
その時ちょっと、許容差が表す精度を思い出したのでした。
スポンサーサイト
プロフィール

(有)大和鉄工所 スタッフY

Author:(有)大和鉄工所 スタッフY
まだまだ少しずつ勉強中のYがご案内します。

広島県福山市鞆町後地26-44
(084)983-5117
メール:info@daiwa-iron-works.jp
H P:http://daiwa-iron-works.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。