スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 田尻杏まつり

今年の杏まつりに行ってまいりました。
天気が心配されていましたが、朝から暖かな日差しに包まれ一日中春の陽気でしたよ。

この祭は散策を楽しむ祭です。
ウォークラリーもありますし、町内一円で様々なイベントをしています。
端から端まで徒歩で歩くと小一時間かかりますが、途中途中で素晴らしい景色に出会えます。

これは山際の散策道から海を見た景色です。
きれいでしょう?
(ちょっと自慢)


一番手前のピンクの花は桜のようでした。
そして黄色い菜の花。
木の枝にびっしりと白っぽいピンクの花がついているのが主役の杏です。
その向こうの濃いピンク色の花は桃でしょうか。

そして菜の花畑と海。

きれいですね。
景色ばかり見て足を踏み外さないようにしなくてはなりません。
この散策道は柵がない小道なんです。
でも、切り株の休憩椅子など用意されていて、いつまでも見ていたい気分になる場所です。

杏の花を見られたことがありますか?

杏は桜と梅の間のような感じの花です。
桜は木の枝からさくらんぼのように花が離れて付きますが、
杏は梅のように枝に直接張り付いたように咲きます。

花の色はピンク。

桜の幹はつるつるしていますが、杏はざらざらです。

実の形は梅にそっくりです。
実の色は淡いオレンジ色。
種はまさしく梅そのもの。

杏の実はとても足が早いため、ジャムや干し杏の加工品として出回っているみたいです。
だから、生のままで頂けるのはこのあたりの特権かもしれません。

確かに私も、福山に住み始めてから初めて生の杏を見、食べました。

6月頃に田尻町の農協に足を運んで見られてはいかがでしょうか?
珍しい生の杏の実を買えますよ。
すっぱくて爽やかな初夏の味です。

田尻杏まつり「春色のパレット」
田尻杏まつり
スポンサーサイト

徒然なるままに日暮らし

「つれづれなるままに、日暮らし、硯にむかひて、
心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、
あやしうこそものぐるほしけれ。」

吉田兼好の「徒然草」の序段です。

懐かしいですね。
習いましたよね。
中学生でしたか?高校生だったかもしれませんね。

「なんだかやることもなく戯れに硯に向かって、
心に浮かぶあれこれをとりとめもなく書いていくと、
あきれかえるほど熱中して我を忘れてしまう。」

現代語ではこんな感じだと習いませんでしたか?

その時の古文の先生が、
序段の前半部分について、

「吉田兼好は控えめに謙遜して、
"やることないし、頭に浮かんだことをあれこれと取り留めなく書いていきます"
って言っているけど、本当は何度も何度も書き直しをしていたという資料が残っている。
"取り留めなく"どころか、かなり一生懸命だったようだ。」

と、こんな感じで言われてましたっけ。

でも、わかります!
今では兼好法師さまの気持ちがよくわかります。

なんか言い訳を用意しておきたいんですよね。

「あまり気負わずに気長にぼちぼち書いていきます。」

絶対に個人ではやらないであろう「ブログ」というものを続けていくには
そんな前置きをしておきたい私です。


徒然なるままに日暮らし「・・・一生懸命なところ見ましたね」
吉田兼好想像図

来週は田尻杏まつり

隣町は田尻町。
春は杏の花が咲き、町中がピンクに染まります。
来週3月24日(日)に杏祭りが開かれます。天候に恵まれればよいですね。

今年は白梅の咲き始めがかなり遅かったように思います。
はっきりと覚えていないのですが、例年1月下旬から2月初旬に咲いていたように思います。
それが、今年は2月中旬を過ぎてから咲き始めました。
しかも、長く咲いていますよ。

めったに見られないでしょう。
少し早めの杏(3月下旬)・ミモザと共演です。

不思議ですね。
梅が遅かったので杏も遅いかと思っておりましたが、
そんなことはないのですね。



白梅と杏の共演「今年はお得です」
花

図面の記号 由来が知りたい

この業界の方にはなんてことない事も、
私にとってはすごい気になる事だったりします。
(自他共に認める「言葉の由来が気になる派」なのですが・・・。)

シャックルについて書く記事は、業界の方が見られたプッと噴出してしまうくらいの
初心者レベルですが、私の覚書も兼ねて綴ってみます。
お付き合いくださいませ。

弊社のHPに各製品の寸法図が載っています。
そこに下のような

t、D、d1、B、d・・・と記号がありますね。



画像薄いですね。
濃く貼り付ける方法がわからないのですみません。

棚卸用図面














図面を描く際、この記号がとっても気になってました・・・。
それで、調べて見ました。



想像通りのものもありますが、どうぞご覧ください。

t=thickness 厚さ、肉厚のこと。
 製造過程で最初に丸棒材料をドラえもんの手みたいに丸くしたあと、
鍛造して厚みを整えますので、「材料径」とは違い、あくまでも「肉厚」です。
大体、t(厚さ)とd(材料径)は同じなのですが。

B=breadth 幅のこと。
 私は生きてきた中で「幅」は「width(日本語でいう"ワイズ")」しか知りませんでした。
家具の寸法も「W(幅)×D(奥行き)×H(高さ)」
靴のサイズの横幅もワイズ2Eとか言いますね。
breadthとwidthは同義語ですので、両方「幅」の意味なのですが、
シャックルはどうしてBなんでしょうね。
深まるなナゾ。

d,D=diameter 径のこと。
 シャックルには径がたくさんあるので、小文字と大文字で分けています。
小文字は材料径、ピン径、バカ穴径、ネジ径、割りピン穴径・・・と
色々あるので、さらに数字をプラスしてd、d1、d2と表します。
 D(ラージデー)はドラえもんの手の部分をつぶした(痛そう・・)「頭」の外径です。

L=length 長さのこと。
 上の図はシャックルのアールの部分からピンの中心までですが、
ピンまでの内々をLにする製品もあります。
また、本体にはL(ラージエル)L1と使いますが、ピンの長さはl(小文字)を使います。



ちなみに「バカ穴」も初めて出会った言葉です。
ボルトやピン径より少し大きめの穴の事ですが、
ちょっとびっくりしましたよ。

「両バカで!」「バカの寸法が・・」とか、新人には刺激的過ぎます。


霞か雲か~

はたまたpm2.5か。


おはようございます。
今朝の瀬戸内海です。
DSCF0759.jpg











近くのタンカーも見えません。
DSCF0761.jpg











昨日は四国まで見えていたんですが・・・。(本当です。写真を撮っていないのが残念。)

昨日の情報番組では「金曜日に黄砂到達!」とのことでした。
西日本は早いのですね。
一日早く着いてしまいました。
(東京メインの情報だったのかも)

マスクをしましょう!
洗濯物は部屋干ししましょう!


プロフィール

(有)大和鉄工所 スタッフY

Author:(有)大和鉄工所 スタッフY
まだまだ少しずつ勉強中のYがご案内します。

広島県福山市鞆町後地26-44
(084)983-5117
メール:info@daiwa-iron-works.jp
H P:http://daiwa-iron-works.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。